整形外科

ご予約について

外来診療は予約可能となります(予約は電話でも可能です。)

お電話でご予約される方

0848-64-8111(代)

診療のご案内

午前

 
1診 戸谷 児玉 児玉

 

第1週 神原/渡邉

 

第3週 神原/渡邉

2診

【完全予約制】

【完全予約制】

3診        

午後

 
1診       児玉 児玉  

整形外科概要

整形外科概要診療の対象となる主な疾病整形外科疾患すべてが診療の対象になりますが、特に脊椎疾患、関節疾患に力を入れています。当診療科における特色ある医療平成24年度の手術件数は約400例余りでした。脊椎手術の症例としては椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、頚髄症、靭帯骨化、脊髄腫瘍等です。
手術適応、方法には、MRI、CT、筋電図検査等を行い決めており、インスツルメントを用いた固定も行っております。関節疾患の手術のうち、人工関節は手術に際し自分の血液を貯血して使用する自己血輸血、或いは術中血液回収装置を用いており、同種血輸血を行うことはほとんどありません。
外傷等救急患者に対しては日曜、祝日も待機しております。

椎間板内酵素注入療法について

当院では、椎間板内酵素注入療法を実施しています。 この治療法は椎間板内に酵素を含んだ薬剤(ヘルニコア)を直接注入して、ヘルニアによる神経の圧迫を弱める方法です。 背骨と背骨の間のクッションの役割を持つ椎間板の内部には、髄核という組織があります。この髄核が後方に飛び出て、神経を圧迫するのが椎間板ヘルニアです。 髄核には保水成分が豊富にあるため、ヘルニコアを髄核に注射することで、有効成分のコンドリアーゼが髄核内の保水成分を分解し水分によるふくらみを和らげます。結果として神経への圧迫が改善し、痛みや痺れなどの症状が軽減します。 施術時の注意点として、投与によるアナフィラキシーの発現(かゆみ、蕁麻疹などの皮膚症状、腹痛、吐き気などの消化器症状、視野が狭くなるなどの視覚症状)の可能性やヘルニアの形や出ている位置によっては、椎間板内酵素注入療法(ヘルニコア注入)の適応とならないことがあります。

医師の紹介

第一整形外科部長兼リハビリテーション科部長 / 原 清吾(はら せいご)

原 清吾

平成11年卒

専門領域

  • 整形外科一般
  • 脊椎疾患
  • 骨粗鬆症

資格・認定

  • 日本整形外科学会専門医
  • 認定脊椎脊髄病医
  • 認定リウマチ医
  • 日本骨粗鬆症学会認定医
  • 脊椎脊髄外科指導医

第一整形外科副部長 / 林 拓男(はやし たくお)

林 拓男

平成20年卒

専門領域

  • 整形外科一般
  • 外傷
  • 膝関節外科

資格・認定

  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本DMAT隊員

整形外科医師(嘱託) / 児玉 直樹(こだま なおき)

児玉 直樹

専門領域

  • 関節リウマチ

資格・認定

  • 日本整形外科学会専門医、リウマチ医
  • 日本リウマチ学会専門医、指導医

整形外科医師(嘱託) / 戸谷 祐樹(とだに ゆうき)

戸谷 祐樹

専門領域

  • 整形外科一般
  • 手の外科
  • 上肢の外科
  • 整形超音波診療

資格・認定

  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本手外科学会手外科専門医
  • 日本リハビリテーション医学会臨床認定医
  • 日本整形外科学会 認定スポーツ医

整形外科医師(嘱託) / 渡邉 益宜(わたなべ ますたか)

渡邉 益宜

専門領域

  • 整形外科一般
  • 手の外科
  • 上肢・肩疾患

資格・認定

  • 日本整形外科学会専門医

整形外科医師(嘱託) / 神原 淳(かんばら あつし)

神原 淳

専門領域

  • 整形外科一般
  • 外傷
  • 骨粗鬆症
  • 四肢関節外科

資格・認定

  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本脊椎脊髄病学会認定医
  • 日本骨粗鬆症学会認定医
  • 麻酔科標榜医

医療機器等の紹介

骨密度測定器

骨塩定量測定器

リハビリ

リハビリ室