放射線科

ご予約について

お電話でご予約される方

0848-64-8111(代)

診療のご案内

午前

1診 非常勤医師
完全予約制

午後

1診 片山
完全予約制

放射線科概要

放射線治療を始めました

 三原赤十字病院では、平成22年4月より”放射線治療”を開始しました。CTやMRIなど、現在稼動している放射線機器に加え、新たに放射線治療装置を導入し、がんの早期発見・早期治療が可能になりました。放射線治療装置を導入し、”放射線治療(療法)”を実施する医療機関は三原市内では三原赤十字病院だけであり、”手術療法””化学療法”と合わせて、三原市内で唯一総合的ながん治療が可能な医療機関となります。患者の負担軽減を重点的に考慮しており、外来通院でも治療可能な場合もあるため、高齢化社会にあたって「ひとにやさしい」治療法を確立し、三原市におけるがん治療の中核として地域への貢献を目指します。

放射線治療器

 今回導入した放射線治療装置「O N C O R リニアアクセラレーター」は、高エネルギーの放射線をミリ単位で患部へと照射することが可能な非常に精度の高い放射線治療装置で、病巣部以外の健康な細胞を傷つけることなくがん細胞のみに照射し、治療が可能な装置です。この装置は高い照射精度だけでなく、患者にかかる精神的負担・肉体的負担の軽減を図るため、患者が乗る治療台は、床近くまで降下するというこれまでの治療装置に無い機能も有しております。この機能は、体の動作が困難な患者にとって優しいつくりになっているだけでなく、医療スタッフの作業量や治療時間の節減などにより、術中の医療スタッフもより患者に集中して治療できることができます。

 明快で直感的なインターフェイスは医療スタッフの費やす時間をより短縮させることとなり、スタッフが患者のケアに係る時間をより多く持てる設計にもなっています。そのため、幹部を切開しなくても治療が可能な放射線治療の特徴に加え、高性能で患者に優しいというONCORリニアアクセラレーターの特徴も加わり、患者への負担をより軽減させることで外来通院での治療が可能になります。

 三原市の高齢化率は27.6%(平成22年4月19日現在)となりさらに高齢化の進む中で、三原赤十字病院は「ひとにやさしい」治療法を確立すべく、高度な技術・設備をそなえ、三原市におけるがん治療の中核医療機関として、今後更なる機能を確保し、地域に信頼されるがん治療病院として一翼を担ってまいりたいと考えております。

医師の紹介

部長 / 末光 一三(すえみつ いちぞう)

末光 一三

平成2年卒

専門領域

  • 放射線診断学

資格・認定

  • 日本医学放射線学会放射線診断専門医
  • 検診マンモグラフィ読影認定医

所属学会

  • 日本医学放射線学会

非常勤医師 / 片山 敬久(かたやま のりひさ)

片山 敬久

平成12年卒

資格・認定

  • 放射線治療専門医
  • 日本放射線腫瘍学会認定医
  • がん治療認定医
  • 検診マンモグラフィ読影認定医

所属学会

  • 日本医学放射線学会
  • 日本放射線腫瘍学会
  • 日本癌治療学会