講習・講座・教室案内

 

赤十字講習会

日本赤十字社では、地域の皆様がどんなところでもすぐに役立つ“生命を守る”ために必要な知識や技術を身につけていただく「実際の仕方を見る」「練習する」講習会を行っています。

●救急法・・・日常の生活における事故防止の知識と、事故、災害、急病などに対する救命手当ての方法を学べます。

●幼児安全法・・・1歳から学齢前の幼児を中心として起こりやすい事故に対する対処の仕方や、家庭内ので看病の方法を習得してもらうことが出来ます。※中国新聞に紹介されました(平成27年5月22日付第25面)

●健康生活支援講習・・・健やかな高齢期を過ごす為に必要な知識・技術・考え方を学び、高齢者が自立して生活できることを目指して、家庭や地域の中で誰もが支援や介護ができる方法を身につけることができます。

講習内容・日程

■赤十字講習会■

平成30年度赤十字講習会のご案内

 【申込方法】
  日本赤十字社広島県支部 事業課(電話 082-545-5111)へご連絡ください。
  【申込方法詳細】日本赤十字社広島県支部ホームページ

■幼児安全法短期講習■

幼児安全法短期講習のご案内    幼児安全法短期講習申込用紙

 【申込方法】
 「申込用紙」に必要事項をご記入いただき、三原赤十字病院 医療社会事業課
 (FAX 0848-64-1803)へFAXでお申込みください。

【お問い合わせ先】
三原赤十字病院 医療社会事業部
TEL.0848-64-8111(代表)

教室

糖尿病教室

糖尿病とは、膵臓から出ているインスリン(糖質を調整するホルモン)が不足したり、作用が不十分なために常に血液中の糖分が高い状態(高血糖)にある病気です。そんなの大したことないと思っていると、さまざまな合併症を引き起こし、重大なことになる恐れがある病気です。

大切なことは糖尿病にならないことです。糖尿病は、生活習慣病の代表格として皆さんの生活と密接に関係しており、生活を見直すことによって予防することができます。
しかし、少しの気持ちの緩み等により糖尿病になってしまった場合には、これまで以上の暮らしの見直しと、合併症を防ぐことが大切となります。

三原赤十字病院の糖尿病教室では、糖尿病の基礎知識を学び、第1部として糖尿病になりたくない人・予防したい人を対象に食事と運動を中心に学びます。第2部では、糖尿病になってしまった方を対象に食事療法・運動療法、そして薬物療法について学ぶ機会を設けています。

【対象者】
  〇第1部:糖尿病予防に取り組む方とそのご家族
  〇第2部:糖尿病と診断された方とそのご家族、糖尿病予防に取り組む方とそのご家族

第1部・第2部・と対象者は定めていますが、どちらもどなたでもご参加いただけます。
また、当院へ受診されていない方もご参加が可能ですので、少しでも興味をもたれている方は是非ご参加ください

詳細は以下のとおりです。

平成30年4月~平成30年8月の糖尿病教室

糖尿病教室昼食会のご案内(平成30年6月12日開催)

【お問い合わせ先】
三原赤十字病院 医療社会事業部
TEL.0848-64-8111(代表)

健康食バイキング

ご自身やご家族にとって本当の健康食とはどのようなものかご存知でしょうか。
適量ってどのくらい?理想的な味付けとは?バランス良く食べるとはどういうことだろう?
管理栄養士をはじめ当院スタッフのアドバイスを受けながら、自分に適正なカロリーを計算し、バイキング形式で食事をコーディネートしてみませんか。

当院を受診(健診含む)されたことのある方及びご家族で、生活習慣病予防に関心のある方ならどなたでもご参加頂けます。

→ 次回開催は未定です。

【お問い合わせ先】
三原赤十字病院 医療社会事業部
TEL.0848-64-8111(代表)

出張講座

出張講座とは・・・

三原赤十字病院では、健康な暮らしのお手伝いをさせていただくとともに、当院を身近な存在としてご活用いただき、ご意見やご要望などの生の声を聞かせていただく場として「出張講座」を行っています。
「出張講座」では、看護師等の職員が地域へ出向き、テーマ一覧からお選びいただいたテーマと参加者の対象に応じて、分りやすく講義を行います。
是非、地域での集まりやサークル活動、学校での健康学習などにご活用ください。

申し込み方法等詳細につきましては、以下をご参照ください。

出張講座のご案内(パンフレット)

出張講座テーマ一覧

出張講座申込書

【お問い合わせ先】
三原赤十字病院 地域医療連携課
TEL.0848-61-3812(直通)
FAX.0848-64-8421